真夏の京都旅行2015

b0199648_22195995.jpg

朝6時過ぎに出発。早朝だとそんなに暑くないんだ、と発見。

b0199648_22205787.jpg

東京駅はすごいことになっていた!朝7時過ぎというのに全国各地の有名な駅弁がずらりと並んでいるし、買い物客で大混雑・

b0199648_22241199.jpg

7時過ぎだとまだお店はやっていないかも、なんて思っていた世間知らずな私。従姉妹が好きだと言う「東京ばなな」買えないな、と思っていたが、何のことはない、東京駅のあちこちでバラエティ豊富な「東京ばなな」がいくらでも買える。

b0199648_22242981.jpg

駅で買えるお土産のパンフレットにあった「新幹線扇子」。
でも違うよねえ、それ言うんだったら、ここは「新幹センス」じゃないか? あるいは「新幹線っす」。

b0199648_22245468.jpg

今回の旅は急に思い立ったのでホテルが取れただけでラッキー、と思わなければいけないのだが…八条口というのは、同じ京都駅でも荒びれた感じで、ちょっと気分が下がった。しかも駅前の掲示板になぜだかこの「新・都ホテル」だけが載っていないのだ。どんなオトナの事情だか知らないが…。駅から2分というのですぐだと思っていたのに見当たらないから、電話して場所を聞いてしまった。

b0199648_22272315.jpg

ホテルに荷物を預け、まずは観光案内所へ。すでにお客さんでいっぱい。嵐山へ行くにはJR利用が早いと教わる。すでに満席。せっかくだからまったく鉄子でもなんでもないが、一番前に乗り込んで、運転席をパチリ。

b0199648_22273434.jpg

「嵯峨嵐山」着。この地名からして、なんか京都に来ました〜って感じで嬉しい。

b0199648_22284169.jpg

b0199648_22332459.jpg

いざ、世界遺産 天龍寺へ!

b0199648_22333866.jpg

お寺のシンボル、大きな達磨さん。

b0199648_22341962.jpg

今回の旅ではあちこちでイタリア語をたくさん聞いた。あと、フランス語とスペイン語(たぶん)。もちろん中国からの団体客もたくさん。こんなの初めて。

b0199648_22343892.jpg

b0199648_22385551.jpg

硯石も有名らしい。これを拝むと書画が上達するといわれているとも。

〈続く〉

[PR]

by oliva16 | 2015-08-19 23:02 | くらし | Trackback | Comments(1)

トラックバックURL : http://oliva16.exblog.jp/tb/24804654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by milletti_naoko at 2015-09-02 15:49
Olivaさん、駅弁は、もちろん中身も地方のおいしいものがいっぱいで、おいしいのでしょうが、容器の自体から絵まで、工夫が凝らしてあって、見ていて楽しいですね。イタリアにもこういう文化があったら、もっと旅行が楽しいのに。新幹線センス、前から新幹線を見た様子を扇子のデザインとしているのでしょうか。いろいろと考えるものですね。確かにリズムや言葉遊びの楽しさは、「新幹センス」の方がありそうです。嵐山、わたしも数年前に夫と桜の時期に行きました。夏の京都はやっぱり世界から多くの方が旅行に来るんですね。長期の休みをまとめて取りやすいのはどうしても8月になるので、ツアーもその時期が多いのでしょうか。天龍寺のシンボルはダルマさんだったんですね! 恥ずかしながら知りませんでした。続きを楽しみにしていますね。