カテゴリ:くらし( 89 )

夏休み

9月の終わりに、遅めの夏休みを取ることにしました。
ここで一気にリーディング講座の課題を仕上げねば!

[PR]

by oliva16 | 2016-09-12 14:15 | くらし | Trackback | Comments(0)

パリだけじゃない。

FBで紹介されていた、ヨーロッパ各国の市民への署名の呼びかけ。同じことが日本の私たちにもできるはず…もう誰か始めているでしょうか?
自分も社会に対して、少しでも勉強したことを生かさなきゃ、と思い、アピール本文の拙訳を記します。

「私たち、全ヨーロッパの市民は皆、パリでの連続攻撃に驚愕と衝撃を覚え、深い悲しみの中にあります。家族や友人を失った人たちの胸中を思い、心から寄り添うものです。

そして同じ思いを、世界中のテロ犠牲者の方々に捧げます。アンカラ、ベイルート、シリア、イラクの方々、そしてテロの脅威から逃れるために母国を後にしなければならない 難民の方々に。

今日、私たちは平和のために共に立ち上がります。手を取り合い、自由、平等、友愛を守り抜きます。」


[PR]

by oliva16 | 2015-11-16 23:55 | くらし | Trackback | Comments(0)

イタリアに行ってきました〜〜〜

9月末までの仕事の契約が、更新されそうという希望を漠然と抱きながらもなかなか更新されず…という生殺し状態?で、イタリア行きを宣言していたもののなかなか計画を具体的に立てられませんでした。だけどミラノ万博が10月一杯でおしまいなので、これはもう絶対に10月中に行くしかない、とチケットを予約してしまって2週間後、なんと9月28日になってようやっと「再契約」の話が具体化したので、「有り難いお話だけれども私は9月末までということだったからすでにイタリア行きの計画を立ててしまった」と会社の方に申し出たところ、「それは仕方ない、休んで構わない」と言われたので、まるまる2週間、イタリアに行ってきました。

そんなわけで、夏の京都旅行の記録も最初だけで放置したままですが、イタリアの記録を簡単に文字だけでまとめます。

10月18日の真夜中、フィレンツェ着。

19日〜20日 フィレンツェ滞在。25年以上前に紹介していただいてずっと声楽を習っていた、現在フィレンツェ在住の先生宅にお世話になる。ドゥオモ見学、新しい市立劇場でオペラ鑑賞など。

21日〜23日 ヴェネツィア。フェニーチェ歌劇場でオペラ鑑賞+ビエンナーレ。アカデミア美術館鑑賞。あとの時間はほぼずうっと道に迷っていた。

24日〜26日 ミラノ。30年来の友人、ルチア宅でお世話になる。ミラノ万博、ガッレリア屋上見学など。

27日〜30日 ナポリ。フェニーチェ歌劇場見学、ポンペイ遺跡見学、カプリ島観光など。

何枚も写真を撮ったし、たくさんたくさん楽しい思いをしてきたのだけれど、書き出したらキリがないのでこちらにはこのメモだけ。

とにかく、早くまた行きたい!

イタリア滞在中、ミラノやヴェネツィアではずっとイタリア語で喋っていた。自分のイタリア語が通じることに感動!! だけれども方向音痴の才能?が爆発して、一人で行動している時は常に道に迷い、ヘトヘトに。特にヴェネツィア。お土産屋さんにひとつも入らないままだったのは残念。
[PR]

by oliva16 | 2015-11-08 21:50 | くらし | Trackback | Comments(0)

連帯

安全保障関連法案に反対する、全世界の人々で連帯を。
こちらから署名できます。
[PR]

by oliva16 | 2015-08-30 23:39 | くらし | Trackback | Comments(2)

真夏の京都旅行2015

b0199648_22195995.jpg

朝6時過ぎに出発。早朝だとそんなに暑くないんだ、と発見。

b0199648_22205787.jpg

東京駅はすごいことになっていた!朝7時過ぎというのに全国各地の有名な駅弁がずらりと並んでいるし、買い物客で大混雑・

b0199648_22241199.jpg

7時過ぎだとまだお店はやっていないかも、なんて思っていた世間知らずな私。従姉妹が好きだと言う「東京ばなな」買えないな、と思っていたが、何のことはない、東京駅のあちこちでバラエティ豊富な「東京ばなな」がいくらでも買える。

b0199648_22242981.jpg

駅で買えるお土産のパンフレットにあった「新幹線扇子」。
でも違うよねえ、それ言うんだったら、ここは「新幹センス」じゃないか? あるいは「新幹線っす」。

b0199648_22245468.jpg

今回の旅は急に思い立ったのでホテルが取れただけでラッキー、と思わなければいけないのだが…八条口というのは、同じ京都駅でも荒びれた感じで、ちょっと気分が下がった。しかも駅前の掲示板になぜだかこの「新・都ホテル」だけが載っていないのだ。どんなオトナの事情だか知らないが…。駅から2分というのですぐだと思っていたのに見当たらないから、電話して場所を聞いてしまった。

b0199648_22272315.jpg

ホテルに荷物を預け、まずは観光案内所へ。すでにお客さんでいっぱい。嵐山へ行くにはJR利用が早いと教わる。すでに満席。せっかくだからまったく鉄子でもなんでもないが、一番前に乗り込んで、運転席をパチリ。

b0199648_22273434.jpg

「嵯峨嵐山」着。この地名からして、なんか京都に来ました〜って感じで嬉しい。

b0199648_22284169.jpg

b0199648_22332459.jpg

いざ、世界遺産 天龍寺へ!

b0199648_22333866.jpg

お寺のシンボル、大きな達磨さん。

b0199648_22341962.jpg

今回の旅ではあちこちでイタリア語をたくさん聞いた。あと、フランス語とスペイン語(たぶん)。もちろん中国からの団体客もたくさん。こんなの初めて。

b0199648_22343892.jpg

b0199648_22385551.jpg

硯石も有名らしい。これを拝むと書画が上達するといわれているとも。

〈続く〉

[PR]

by oliva16 | 2015-08-19 23:02 | くらし | Trackback | Comments(1)

学校で教わったこと

「おのおの、自分のことばかりでなく他人のことも考えなさい」(新約聖書 ピリピ人への手紙 第2章4節)というのは、私が通っていた学校のモットー。
入学式の礼拝で、校長先生がお祈りの最初に「この学校の入試に受からなかった人もそれぞれの道で恵みが与えられますように」というような意味のことを言われて、子ども心に驚いたことを今でも覚えている。今にして思えば「その精神に照らし合わせてどうよ?」という先生も複数いたが……。まあ、キリスト者だろうが、しょせん”にんげんだもの”ね。私は在学中は部活のひとつとしてキリスト教青年会に入っていたし、割と熱心に教会に通った。だが結局、周囲の"クリスチャン"に反発を感じることが多々あり、キリスト者にはならなかった。今後もたぶん特定の宗教に帰依することはない。
とは言え、誰か個人の考えとしてではなく、誰かの口から言われたとかでもなく、絶対的な「教え」として何度も繰り返し聞いた言葉というのは、年月を経ても心に残っているもので、それはいいことだったなと感じている。
他人のことも考える、というと説教じみているようだけれど、想像力を働かせるということだと思う。現首相が(名前を書くのもイヤ)広島と長崎の式典における挨拶のことを「セットで」「起案」している、と発言していた。単なるルーチンワークのひとつとして心のこもらない言葉を並べ替えているだけ、という本心を、こんな風にぬけぬけと口にしたら聞いている方がどう感じるか、それくらい想像できないのか? あまりにも情けなくて涙が出る。

[PR]

by oliva16 | 2015-08-06 14:03 | くらし | Trackback | Comments(3)

へんな日本語

心を打つ「政策芸術」って一体どんなものを指すんだろう?
どれほど立派な政策だとしても「芸術」とは言わないと思うんだけど。
[PR]

by oliva16 | 2015-06-26 00:46 | くらし | Trackback | Comments(0)

【見守り記録】伯母+母編 3月8日

伯母ホームで"運営懇談会"出席。

真っ先に報告されたのが、グループ企業全体の利益率とか、介護報酬が減る話とか。「要介護1については◯◯点から◯◯点に減少…」
などと、メモを読み上げるだけの施設長。
んな長々と数字を並べられても、頭に入らん。そもそも介護報酬の話は正直、入居者にはカンケー無い。いや、報酬が減ればサービスにも影響が出るだろうからカンケー無くはないが、入居者集めて話すことではないような気がする。
途中、伯母がまた「私には聞こえない」アピールを始める。同じテーブルの人に「聞こえる?」とか話しかけるが、聞かれた相手も「聞こえるのは聞こえるけど、意味はわからないわよ〜。私たちに関係ないですもん」とか言っちゃって…勝手なお喋りをし始める…´д` ;あーあー。

最後に保険適用できる「訪問療養マッサージ」の導入について、外部の業者さんが話し始めた頃には、明らかに話を聞いていない人、理解していない人が大半。第一、いつも食事をするのと同じテーブルと椅子の配置のままなので、部屋の前方でマイクを持って話している人の顔がまったく見えない席もある。なんだかなー。

…というわけで、閉会後に施設長にお願い。
「年寄りは集中して聞いてられる時間が短い、というより、私自身だって聞き慣れない数字を口頭で羅列されたって理解できないくらいだ。それよりも入居者の生活に関係する話をまず先にしてほしい。椅子の並べ方も工夫してほしい」と。(椅子並べ替えたりする人員が足りなければ、言ってくれたらそれくらいやりますわよ。)
「貴重なご意見をありがとうございます」って言われたけど…こんなことくらい、プロとして全国の施設を見てるはずなのに、これまで感じなかったのかなぁ。「マイクの音声がこれ以上大きくできなくてすみません」とか何度も謝っていたけれど、そういう話じゃないんだよー。

伯母の部屋に戻り、浮腫んでパンパンの両膝下に精油(オレガノ)を塗りながらマッサージを施す。毎日自分でも寝る前にマッサージしている、とのこと(本当かな?)

それから、実家の母(伯母より11歳下)に電話。たぶん伯母には母が喋っていることが聞こえていない。でも適当に「今度手術でしょ、頑張ってね、気をつけてね」などと喋っている。会話をした気分になれればいいことだし、よかよか。
電話を代わってもらい、買物はどうしているのかなどを聞いてみたら、父がスーパーに電話で注文して、配達してもらっているとのこと。近所にまったく店がないので案じていたが、それならまあ安心。だけれども、ますます行動範囲が狭まるなあ。

先日、兄から私宛に来た、母親の病状に関するメール。

「本人がいずれは死ぬ、もしかしたらそんなに遠くなく…という覚悟が腹に落ちて出来ていればいい。取り巻く周りは死なれる覚悟が出来ないものだから、あれこれ日々気を揉むのはこれまたしょうがないし、それなりに愛情があるからそうなるのも致し方ないが。ただ、効果的な打ち手が無いなかで周りがイラつくことで、本人を取り巻く環境や雰囲気が悪くなってしまうのは本末転倒と思う。
闘病(という感じでもないが)やリハビリの過程で肉体的に多少辛くても、いつ来るかわからない最後の時を納得、安心、感謝して迎えられるために日々をどういう心持ちで過ごせばいいのか。それを本人がそれなりに判ってこの先の時間を過ごしていけるのであれば、それでよいと思う。信仰なり趣味なり、心の拠り所があるならば、周りが思うほど本人にとって深刻な問題ではないのではないか。どうにもならないことは、周りより本人が真っ先に納得することだから。
(…)まぁ、今すぐどうのこうのでもないから深刻に考えたくはないが、日々リハビリに連れて行き、慣れない家事を行う父親が一番大変であること、これには申し訳なく思っている。要望が何かあれば遠慮無く伝えて欲しいと思う。」

…とまあ、言ってることはその通りだわねえ。いつのまにこんな立派なことを言うようになったんだこの人?!

今の仕事をしている間は、私も実家に行く気力が無い。週末に行けないことはないのだけれど…ちょっと行って、食事を作り置きしてくるとか、誰もがやってることなんだろうけれど…でも、でも…うわわわわーーーーーーん。先延ばし。

以上、見守ってない記録(爆)。
[PR]

by oliva16 | 2015-03-09 22:10 | くらし | Trackback | Comments(1)

最近のお気に入り

お昼は、にぎりたておにぎり。
具はもろみじゃこと野沢菜。
b0199648_13541312.jpg

[PR]

by oliva16 | 2015-02-09 13:50 | くらし | Trackback | Comments(1)

【見守り記録】伯母編

寒中見舞いを代理で印刷したものを持っていって「確認して」と言ったが、「いいよこれで。信用してるから」って、読もうとしない。せっかく書いた(ありきたりの文章をPCで入力しただけだけど)のに、と思うのは、こちらの押しつけだな。読み書きがとにかく億劫なんだから仕方ない。

伯母の部屋で発見した、実家の父から伯母に送られていた「欠礼ハガキ」。昨年は父の継母が亡くなったので年賀状を欠礼したのだが、それをきっかけに「今後ももう大変なのでご挨拶はおしまいにさせていただきます」というもの。実家の母は介護認定を受け、父が「老老介護に明け暮れる毎日です」と。「そこまで書くか?」と苦笑してしまうくらいクドクドと自分と妻の健康状態を述べ立てて、明るさひとつもない内容(爆)。受け取った方も苦笑するしかないだろうな〜。まったく、私の父らしいわな。

伯母は「補聴器が全然効果がないから買い替えようかと思って」というが、今持っているのはブランドもの?の最高級品の数十万したものでしょ。そしてもう、聞き取れる(拾える)子音が少なくなっていくのは現状どうにもしようがないと言われているんだけど。
耳が遠くなるというのは、大きい声で話せば聞こえるという問題じゃない、ということをここ数年の補聴器屋さん同行で知った。だけど、高齢者施設で働く人はそれくらいのこと知ってると思うんだけど、伯母に話す時に耳の近くに口を寄せて、やたら大きい声で話しかける人が結構いる。それだとかえって音が割れて聞き取りづらいんですよ、と気づくたびに私が説明している。
とにかく来週末、補聴器屋さんの予約を入れた。何十万のを買っただけあって何年かは「何度でも無料調整」だったけれど、その保証期間も昨年で切れた。「長生きし過ぎちゃったよね」と伯母。答えようがないがな。

精油を適当にブレンドしたのをスプレーに入れて持参。足のむくみに毎日塗ってマッサージしてみて、と置いてきた。
先日、ものは試しとむくんでパンパンになっていた足にオレガノ原液を塗ったらスーッと腫れが引いたので。
今回は、ネットで「足のむくみにいい」と書いてあったもののうち、家にあるオレガノ、オレンジ、レモン、ペパーミント、オンガードをココナツオイルで希釈したものにしてみた。気休めでも、なにかしら効果があればいい。
[PR]

by oliva16 | 2015-02-01 16:31 | くらし | Trackback | Comments(0)