カテゴリ:しごと( 32 )

どういう風の吹きまわし?

腰を据えて自分の勉強をしよう、と決意すると、なぜか仕事が立て続けに入る、というこのパターン。

一昨年、昨年のイタリア語検定試験の前もそうだったな……。

もともと、仕事につなげたいというのも大きな理由で語学の勉強をしているから、喜ばしいことではあるんだけれど。でも一番うっちゃっているドイツ語の仕事がなぜか続き、まさに「全身耳にして」必死でドイツ語を聴き取っていたら肩も頭もコリコリ。
昨日はドイツ語、しかもまるでルールがわからないサッカーに関するドキュメンタリーの素材を「概要を教えてもらえれば」ということで映像確認。前日ににわかにサッカールールの本を借りてきて、インターネットで「ドイツ語のサッカー用語集」75ページにもわたるのをプリントアウトして予習を試みたが、なにせ正直、45分を2回行う、というゲームのルールもよく知らなかったくらいだから、まったく頭に入らなかった。。。
結局現場では、最近行われた試合後、監督が記者会見している模様を訳したのだが。正直、ちんぷんかんぷんだったけれど、幸い、ある日本選手(その試合には出ていなかった)に関する評価を語っている場面だったから「まだ試合に対する準備ができていない」「彼は優れた選手だが、まだこういうところが足りない」みたいな一般的な評価の話に終始していたため、数回必死で聴いている間になんとか概要はわかった(つもり)。

2時間弱の仕事だったが、終わったら解放感のあまり街をぶらぶら歩きまわり、古本屋の店内を何往復もしてしまった。

今は、アンケート調査回答票の英日翻訳中。なんかかなり大量みたい。細かいエクセルシートの原稿で、全体像が画面で一望できないのだが(苦笑)。

今日は早朝から雪がずっと降り続いているけれど、待ちに待った夕食会なのだー!
信じられない、大翻訳家の先生とそのお仲間の方々を交えた席に、大学の授業を聴講させていただいていた4人が参加させていただく。すごいベテランの編集者さんとか翻訳者さんも見えるらしい。なんだか緊張するけれど、背伸びしても仕方ないし、楽しもう。
[PR]

by oliva16 | 2013-02-06 12:14 | しごと | Trackback | Comments(2)

1月の仕事

昨年末に請けた英日翻訳の校正の仕事がようやく一段落。
二人の訳者が前半と後半に分けて訳したファイルを並行してチェックするのは結構面倒だったが、同時に勉強にもなった。原文と突き合わせてみて、「うまく訳しているな―」と感心するところも多かったし。

そして今日、納品したら私の仕事はようやく一段落と思っていたら、少量だがアンケート調査の回答票の英日翻訳が別の会社から入ってきた。納期は明日の朝。はあ・・・。有り難いんだけど、ちょっと飽きてきた…。

明後日あたりから、ドイツ語の映像素材翻訳が入ってくる予定で、これが来月頭まで続くはず。分量は大して多くないみたいだが、音声を聞きとっての翻訳作業というのは私自身がそんなに早くできないので、たぶん苦心することだろう…。

あ、そして月曜は、これまた別の会社のドイツ語素材を訳しに出向するのだった。行くのを忘れそうな自分が怖い……。

その合間に、先日は「翻訳勉強会」の合宿があったのだが、この話題はまた別途。

イタリア語は最近全く触れていない!!しかも!!なんと!!イタリア語講座の冬学期の開始日を勘違いしていて、1回目をすっぽかしてしまった!2回目はもともと、合宿があるから欠席のつもりでいたのだが…。つまりしょっぱなから2回連続で欠席してしまったというわけ。あああ。幸先悪い。

でもでも!今年はイタリアに行こうと思う。これ宣言しちゃわないと、実現しないからね。ヴェネツィアのビエンナーレに行こうと思う。いや、行くのだ!!!!

......以上、昨日久しぶりにアップした内容。その後、今日また小さいが新規案件が2つ増えた。月曜11時半までに英日コピーライティング1つ納品、13時半までに英日翻訳1つ納品、そして16時にはドイツ語映像素材の訳をしに出向、帰りは書道教室。(>_<)……何か忘れていそうでこわい。
[PR]

by oliva16 | 2013-01-24 23:15 | しごと | Trackback | Comments(2)

年始の仕事

昨年の今頃、非常に苦しみながら大量のマーケティングに関するビジネス書の英日翻訳をしました。翻訳といっても名前が出るわけではなく、出版社が最終的に編集・校閲するものなので、「下訳」みたいなものかな。

そして今、同じ著者(というか一種のプロジェクトチーム?)による、マーケティングに成功するためのハウツーみたいな本の翻訳校正を請け負っています。
去年のは、マーケティングに関する数日間にわたるセミナーを録音したものを音声起こしした原稿があり、それを訳すというものだったのですが、ものすごく大量で、しかも音声起こしが決して正確ではなく、時にはまるで逆のことを書いてあったり、音声がクリアでないところはそのまま抜かしてあったりするので、音声データも聞いて確かめながら訳さねばならず、非常に苦しい仕事でした。結局何度も納期の延長をお願いしたりして、翻訳会社にはずいぶんご迷惑をかけてしまったものです。正直、「この会社にはもう干されただろうな…次は無いな」と思っていました。

それがまた昨年末に同じ会社から仕事の打診が来たもので、嬉しく思っていたのですが…最初は翻訳の打診だったのに、結局「翻訳でなくて校正をしてほしい」と。「二人の翻訳者に同時並行で作業させて、それをまとめるというやりかたをクライアントである出版社が求めている、ついては、昨年同じような案件を翻訳した経験のある人に校正をしてほしい」というのが翻訳会社の担当さんのおっしゃることなのですが、私だって一回経験しただけだし、正直、この原作者の唱える理論に通じているわけでもないし、なにより二人の異なる翻訳者の原稿を並行してチェックして、訳語の統一を計るとかいう作業、やったことがありません。それに校正だとぐっとギャラが低くなるし・・・と少々がっかりもしたのです。

いざ原著を見てみると、決して複雑な言い回しや隠喩などがあるわけではないものの、業界独特の用語や、現地の人でなければわからないようなエピソードが満載で、沢山調べ物をしなければとても訳せない内容(もちろん何の翻訳をするにせよ、調べ物の量が膨大なのは当たり前ではあるけれど・・・)。校正するのも原文を読まなければならないのだからもちろん大変は大変ですが、今回は校正担当で良かった。この仕事に翻訳者として取りかかっていたら、他の翻訳の勉強なんてとても同時にできなさそうです。

1月は、翻訳勉強会の「合宿」があるし、聴講している翻訳講座の今年度最後の授業もあるので、お金にならないことではあるけれど、やっぱり勉強の方を優先したい気持。
今年は大晦日からずっと、毎日何かしら仕事をしています。この調子で、自分の勉強にもなるような仕事が絶えないと良いな…。
[PR]

by oliva16 | 2013-01-05 01:17 | しごと | Trackback | Comments(1)

仕事もしてるですけど

ふとブログを読み返して、ここ数日食べ物のことしか投稿していないことに気づきました。

でも、仕事もしています・・・それもかなり仕事漬け。

先日から引き続き、ドイツのリサーチの仕事。送られてきた資料を訳したり、ネットで情報検索したり。
そして今日も、「これさえ終われば楽になるー」と心で念じつつ、ドイツに電話したし。電話番号を間違えてしまって、「そんな人いない」って言われたりしましたが、なんとか今日のところは終了。というか、電話かけても全然つながらないところが一件あって…でも「ほっ、とりあえずしゃべらずにすむ」と思ってしまう私は、なんて後ろ向きな人間!

そして今日から1月末にかけて、英日翻訳の校正の仕事。校正といっても、書式のみでなく、訳調もチェックし、二名いる翻訳者の訳語の統一をはからなければならない、という。そんな面倒な仕事なのに、ギャラは翻訳者の2割程度、あるいはもっと少ないかも…。それに、人の訳したものに手を入れるのって気が引けるのですわ…。

という感じで、並行して複数の仕事をしていたら、風邪を引いてしまったらしいです。のどがいがいが・・・でも休めない。025.gif

昨夜から、赤ワインをあっためては飲み、合間にうどんを食べ、甘酒を飲み…って、単に自分を甘やかしているだけですが、とにかくのど越しの優しいものやあったかいものを身体が欲しています。
[PR]

by oliva16 | 2012-12-19 21:36 | しごと | Trackback | Comments(0)

ドイツ語の仕事が!

先日久しぶりにドイツ語の仕事があって、かなり焦ったので、普段から少しはドイツ語に触れておこうかと思ってfacebookの画面表示の言語をドイツ語に変えてみました。
そしたら引き続き、ドイツ語のリサーチの仕事が来ました。
…ううむ、やっぱり見づらいから日本語に戻そうと思ってたけど、しばらくこのままにしとくべきかな…って、なんのゲン担ぎ?!

それにしても、なぜ忙しい時に限って仕事が重なるのでしょう?これから年末年始にかけては、英和翻訳の校正の仕事がきているし。

実は先日、イタリア人の留学生に部屋を提供するかもしれない、という話になり、もし本当にそうなったら慌てて部屋を片付けて、家中整理しないといけないところだったのですが、結局その留学生は別のところにアパートを借りることになりました。ちょっと残念だけど、この状況では彼女を迎える準備はできないところだったから、ひとまずほっとしました。

年末年始、人が休みたがっている隙に仕事をしなければ!!頑張りまーす。
[PR]

by oliva16 | 2012-12-11 23:08 | しごと | Trackback | Comments(0)

最近の仕事

昨日、久々にドイツ語映像翻訳の仕事をした。
一昨日の夜、「テレビ番組用の取材テープの翻訳」という話がきて、原文を書き起こしたスクリプトの支給は無しなのに引き受けてしまった。
これまで何回か、電話で問合せだけいただいていて、一度も仕事をしたことがない会社だったので、とにかく一回は仕事しておきたいと思っていたのもあるが、考えてみたら無謀だった。
「ドイツの原発関連廃棄物処理の現状、みたいな話らしい」とだけ聞いていたが、そんな分野に関しては全く知識もないが、とにかく当たって砕けろだ、と思いながらテレビ局へ。ある程度資料はもらえる、という話だったが、そんなものどこにも無かった008.gif

しかも、番組自体の大きなテーマは「廃棄物処理」なのかもしれないが、私が渡されたのは、風力発電所の運営者・技術者へのインタビュー。発電所の機器の稼働をどうやって管理しているのか、といった話だった。
6分強のテープを、何度も何度も巻き戻しながら繰り返し聞いて、どうしても聞き取れない箇所はその旨を記入しつつ、4時間かかってどうにかこうにか仕上げた。その場で内容確認などはされないため、とりあえず放免されたけれど…。冷や汗もの。

こういう仕事は年に2回あるかないか、なのだが、そのたびに「普段からちゃんとニュースを読むようにしなくちゃ」と思いつつ、実践できていない。環境問題やソーシャルネットワークに関連する問題は、語学の検定試験でもよく取り上げられるテーマだし、小説を読む上でも、世界の動向に普段から目を向けているといないとでは、理解の度合いが全く違うはず。
わかってはいるが、毎日こつこつ、ということができないズボラな私なのだ。ここが、成功している人と、ずっと同じところで泊まってしまっている私みたいなのとの違いなんだろうな。
[PR]

by oliva16 | 2012-12-09 22:56 | しごと | Trackback | Comments(2)

残念なこと、の続編、の続編

残念なこと、の続編の続きの話。
ドイツ語のTV番組制作用素材の音声翻訳、2本目は金曜夜中0時が最終期限だったのですが、金曜の朝8時から取り掛かり、プロデューサーや現地通訳の日本語音声も結構入っていたことも助けとなり、比較的スムーズに進めることができたので14時半には納品完了003.gif
というわけで、図書館へ行って返却期限を過ぎたままだった本を返し、予約していた翻訳書や先生の推薦書などをどっさり借りて、まずはひとりで回転ずしを食べ006.gif、その後のんびりお茶をしながら読書。
図書館に行く前に予約を入れておいた美容院で、久しぶりのカラーリング。髪が伸びて、根元と毛先の色の違いが目立ってずっと気になっていたのがやっと解消されました。
満足して、気まぐれにワインなど買って(スーパーのめちゃめちゃ安いのだけど)21時過ぎに帰宅し、まずは土曜日の翻訳講座直接講義に備えて持物を用意して、23時頃からようやく「事前に一度目を通しておいてください」と言われた資料英文をワイン片手にのんびり読もうか…と思って、ふと携帯を見たら…あれ、制作会社からのメールが。「納品受領」の連絡だろう、と思って開けたら、たしかに受領の連絡だったのですが、それに続けて「実は翻訳が必要な素材がまだ1つ残っていたことに気付いたのですが、余力があればやっていただけませんか?」と。8分ほどの長さというので、これを「余力無し」と断っては自分の力不足を露呈するようで嫌だから、引き受けましたよ。
幸い内容もそれほど難しくなく、0時半にはこれも納品完了。
だけどすっかり、直接講義の準備をする気がなくなってしまって…寝ちゃいました。
かなり高い受講料を支払った通信講座の最初で最後の直接講義というのに、準備もせず…026.gif
土曜日の朝に十分準備する時間はある、と思ったのもあるのですが。

それにしても土曜日、尊敬する先生の直接講義、受講者はたった2人だった(・_・;)
いろいろ教わったことの記録は、また別途書こうと思っています。
[PR]

by oliva16 | 2012-11-12 12:57 | しごと | Trackback | Comments(2)

残念なこと、の続編

先日投稿した、残念なことの続編(?)

プロフィールを登録している翻訳者サイトを通じて、ドイツ語の仕事の打診がありました。「ぬぬ、なんか聞いたことある名前の会社?!」と思ったら、先日、イタリア語の映像素材翻訳を依頼されて、中途半端に保留(いや、もう話は来ないような気もしているが…)になっているTV番組制作会社の、しかも同じ番組の「ベルリン」バージョンの素材翻訳。こちらはすでに素材は用意できていて、急遽追加で翻訳者を探しているということ。
とりあえず確認していてください、とのことで10分、21分、36分という3種類の長さの素材が送られてきました。
実は今週末には翻訳通信講座最終回のスクーリングを控えており、せっかく直接講義があるのだからこれまで6回分の復習をして万全の態勢で望もうと思っていたものの…やっぱり貧乏性、というか、そもそも敢えて言えばお金を稼ぐために翻訳を学んでいるのだから、仕事請けないのは本末転倒、とばかりに、10分のと36分のを引き受けてしまいました。

いやー、あらためて気づいたけれど、やっぱりドイツ語の方がまだ、イタリア語よりも理解できるわ、私。017.gif

タイムコードを細かく切るのが大変だけれど、先日のイタリア語素材に比べるとずっと音声もクリアで、聞き取りやすい。10分の方はすでに納品しました。あともう1本は…おお、ちょうど24時間後が納期!

いったん寝て早起きしてとりかかるか、何があるかわからなくて怖いからとにかく進められるだけ進めるか…。
ううむ、しかし、夜更かし朝寝坊の悪循環を断つためにも、やっぱり寝ますか!!
[PR]

by oliva16 | 2012-11-08 23:56 | しごと | Trackback | Comments(4)

残念なこと

先日請けたイタリア語の素材翻訳の仕事、ローマとヴェネツィアの2都市で街の人に取材したものを訳す筈だった。
とりあえずローマのが30分ぶん位ある筈だった…のが、短い素材が何回かに分けてきて、計8分程度で「追加をお待ちください」で待たされ…挙句、「追加はありませんでした」で終わってしまった。さらにヴェネツィアの素材は「データ破損」により作業が遅れている…とのことで、復旧メドが立たないからといったん保留。
番組名もはっきりしているし、怪しい会社とも思えないのだが、番組作れないんじゃない⁈ どうするんだろう?とにかく、状況の連絡が来るのが遅過ぎ‼ しかも予定分量とはるかに違うのでは、もらえる額にも差が出てくる。
初めてのお付き合いの会社だし、イタリア語の仕事は嬉しいから、今のところあくまでも下手に対応しているが…013.gif
[PR]

by oliva16 | 2012-11-06 08:26 | しごと | Trackback | Comments(2)

仕事記録<10月>追加あり

・ドイツ語歌詞の和訳チェック
・アンケート自由回答訳、英日 
・ドイツ取材映像概要訳、 独日
・独日医学関連レポートチェック


だらしなくて自分がいつどんな仕事をしたのか、わからなくなってしまい、時には請求書を作るのを忘れたりもするので、備忘録として書き出してみた。

えっ・・・すくない。今月ほとんど仕事が無い=収入も無い。
しかもめいっぱい勉強会とか聴講の予定を入れているので、本代がかさみ、課題を訳するのに忙しい日々。

イタリア語、今日の宿題は昨日やっておいたからよかったけど・・・自主的に作文も提出しようと思っているのに、全くできていないが、これから仕事。

昨日の贅沢なディナーの思い出に浸っている場合じゃないのでした。
[PR]

by oliva16 | 2012-10-20 13:06 | しごと | Trackback | Comments(0)