<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

1ヶ月過ぎてしまいました

大掃除も小掃除もしないままで迎えてしまった新年だったけれど、年の初めはそれなりに「新規まき直し」ができるような気分になっていた…でも、そんなきりっとした気分もいつのまにかどこかへ……そして、もう明日で1ヶ月が過ぎてしまう!!

一応、年明けてから誕生日を除き、毎日欠かさず何かの仕事はしている。来月までかかるかなと思ったドイツ語映像翻訳は分量が減ってしまったため、昨日納品完了してしまったが。013.gif
分量が減る=ギャラが減る、ということだから辛い。

今日は英日翻訳の急ぎの案件の打診が。でも、受注確定するのが明日の午後で、それからすぐに着手して納期が明後日の9時半て…(>_<) それでいてかなりの安値。
でも、今月一杯は、来た仕事は可能な限り全て請けるつもり。

2月は逆に、よほどやりたい仕事か高額ギャラの仕事(なんてお目にかかったことないが)でない限りはセーブして、英独伊語の勉強と翻訳勉強会の復習を集中的にしようと思う。自分なりの訳をしっぱなしで、講義の後で見直して復習というのが全然できていない。これではいつまでやっても同じことなので、少しはよい訳文がかけるように勉強し直さないと。

毎日、昨日の自分よりはマシになることを心がけようと新年の抱負で心に誓ったのだが……今月の私は……ううむ。一応、本を2冊ばかり読了した。これは私にとってかなり珍しいこと。何冊も読みかけてはそのまま、というのがこれまでのパターンだから。

今読んでいるのは、内田樹「街場の文体論」。クリエイティブ・ライティングということについて内田氏が行った講義をまとめたもの。1ページに1つ以上、耳が痛いことや目からうろこのことが書いてある。これ、図書館で借りたのを読んでるけれど、買いだな。
[PR]

by oliva16 | 2013-01-30 21:17 | くらし | Trackback | Comments(2)

1月の仕事

昨年末に請けた英日翻訳の校正の仕事がようやく一段落。
二人の訳者が前半と後半に分けて訳したファイルを並行してチェックするのは結構面倒だったが、同時に勉強にもなった。原文と突き合わせてみて、「うまく訳しているな―」と感心するところも多かったし。

そして今日、納品したら私の仕事はようやく一段落と思っていたら、少量だがアンケート調査の回答票の英日翻訳が別の会社から入ってきた。納期は明日の朝。はあ・・・。有り難いんだけど、ちょっと飽きてきた…。

明後日あたりから、ドイツ語の映像素材翻訳が入ってくる予定で、これが来月頭まで続くはず。分量は大して多くないみたいだが、音声を聞きとっての翻訳作業というのは私自身がそんなに早くできないので、たぶん苦心することだろう…。

あ、そして月曜は、これまた別の会社のドイツ語素材を訳しに出向するのだった。行くのを忘れそうな自分が怖い……。

その合間に、先日は「翻訳勉強会」の合宿があったのだが、この話題はまた別途。

イタリア語は最近全く触れていない!!しかも!!なんと!!イタリア語講座の冬学期の開始日を勘違いしていて、1回目をすっぽかしてしまった!2回目はもともと、合宿があるから欠席のつもりでいたのだが…。つまりしょっぱなから2回連続で欠席してしまったというわけ。あああ。幸先悪い。

でもでも!今年はイタリアに行こうと思う。これ宣言しちゃわないと、実現しないからね。ヴェネツィアのビエンナーレに行こうと思う。いや、行くのだ!!!!

......以上、昨日久しぶりにアップした内容。その後、今日また小さいが新規案件が2つ増えた。月曜11時半までに英日コピーライティング1つ納品、13時半までに英日翻訳1つ納品、そして16時にはドイツ語映像素材の訳をしに出向、帰りは書道教室。(>_<)……何か忘れていそうでこわい。
[PR]

by oliva16 | 2013-01-24 23:15 | しごと | Trackback | Comments(2)

Focaccia grande

b0199648_1345681.jpg

b0199648_1345867.jpg

カリッとして美味003.gif
Buono!

天板一杯に生地を広げて、黒胡椒&チーズ、黒オリーブ、ドライトマト&ローズマリーの3種をいっぺんに焼きました。
[PR]

by oliva16 | 2013-01-18 08:33 | Trackback | Comments(2)

オラーニ

サルデニア島のオラーニという村を題材にした、英語の絵本があります。

去年の絵本翻訳コンクールの課題図書でした。応募に当たり、何人かの有志で集まって勉強会をして、わからない訳語について智恵を出しあったり、お互いの訳文についてコメントしあったりしました。

正直、絵本自体の内容はそんなに面白いと思えなかったのですが、この勉強会をとおして知り合った方々と話すのはとても刺激になり、皆さんが言葉の扱い方についてとても真剣に悩み、工夫し、楽しんで訳文を作っているのを知って感動しました。(→「同志の皆さん」とはとても言えない…私はそこまで本気で丁寧に訳していないな、と思いました。)

絵本に出てきた、サルデニア独特のパン「パーネ・カラザウ」を食べに、渋谷のサルデニア料理店に集いました。渋谷の駅からほど近いところに、こんなに素敵な店があったとは知りませんでした。

b0199648_1535616.jpg

パーネ・カラザウ。薄っぺらい、紙みたいなパン。かまどで焼いて生地を風船みたいに膨らませて、取り出して真ん中から半分に割るんだそうです。歯触りは、お煎餅みたいな感じかな・・・でもごくごく薄いので、軽いです。塩が効いています。

b0199648_15372023.jpg

前菜盛り合わせ。魚の酢漬けとか、ブロッコリーのシラス和え?とか。海の幸がいっぱい。

b0199648_15381164.jpg

パスタ2種類。それに、マグロのソテーと鶏肉のソテーも出ました。
最後にデザートとコーヒーもついて、ランチは1600円!安い。
パーネ・カラザウを追加しても、1人当たり1700円ちょっとでした。

b0199648_15392260.jpg

この会を率先してお世話してくださったEさんが、絵本を持ってきて店員さんに見せると、店員さんも熱心にページをめくり、サルデニア料理の説明など細かくいろいろお話してくださいました。

b0199648_15411696.jpg
b0199648_15412756.jpg

箱入りパーネ・カラザウ。この状態で輸送されてくるそうです。
オリーブオイルを薄く塗り、塩を振って焼くというのが簡単な食べ方ですが、サルデニア料理の本には、このパーネ・カラザウを何枚も重ねてソースを乗せて焼いた、ラザーニャのような料理も載っていました。

最後に、お店の情報を。
南イタリア・サルデーニャ島家庭料理 タロス
スタッフは皆、親切で、店内にはお皿が沢山飾ってあったり、一角にバールがしつらえてあったりと、とっても素敵なお店でした。
[PR]

by oliva16 | 2013-01-13 00:02 | べんきょう | Trackback | Comments(4)

しめ鯖サンドイッチ

お気に入りブログ、「ベジタリアンミットゥンと肉食チャースケ」に出ていたしめ鯖のサンドイッチを試してみた。
えー、しめ鯖をパンにはさむって…と思ったけれど、今日帰宅途中にちょうど鯖棒すしが半額になっていたので、「いっちょ試してみるか!」と。
昨日焼きあげた全粒粉食パンがあるし、ちょっと甘みのある食パンに酸っぱいしめ鯖、もしかしたらイケるかも…と。

パンは周囲のクラストがしっかり固くて、とても薄切りにできなかったが、まあいっか。そして鯖棒すしの鯖をはがし、これを薄切りにしようと試みたが、それも無理。まあいっか。

というわけで、こんなことになった・・・。ミットゥンのブログに出ている写真とは大違い。

b0199648_2346620.jpg


でもこれが、イケていた!しめ鯖の酸っぱさがバターとパンでやわらぎ、逆にパンの甘さがしめ鯖と一緒に食べることでやわらぎ…って、あれ、相殺しあってる?!…いやいや、歯ごたえのしっかりしたパンとやわらかい鯖はなかなか相性よく、ぺろりと食べてしまいました。

明日から新年明けて10日目。。。早いものだ。新年からは小食にするつもりだったのに、むしろ食べ物摂取量が増えまくり。あああ。
[PR]

by oliva16 | 2013-01-09 23:48 | くらし | Trackback | Comments(6)

七草がゆ

b0199648_10544551.jpg

今日は1月7日、七草がゆを作りました。
土鍋でことこと炊くのがいいんだろうけど…そんなに気長に出来上がりを待てないので、やっぱりいつもの圧力鍋で。七草パックは昨日スーパーで半額になっていたのを購入。(季節ものだといっても、1パック498円という定価だと買えません。) 実は乾燥七草セットも用意してあったのですが、せっかくだから生の野菜で003.gif
白がゆの方が見た目がきれいだとわかってはいるのだけれど、味わいを考えて雑穀をプラス。七草を刻んでさっとゆがいて塩麹をもみこみ、炊きあがったお粥に混ぜました。
味は…んー、まあまあ。こんなもんかな。
[PR]

by oliva16 | 2013-01-07 11:01 | くらし | Trackback | Comments(2)

誕生日おめでとう

b0199648_17463660.jpg

自分の誕生日を自分でお祝い。
贅沢に、アフタヌーンティーで1,575円もするケーキセットを1人で頂きました。満腹…。
[PR]

by oliva16 | 2013-01-06 17:41 | Trackback | Comments(2)

年始の仕事

昨年の今頃、非常に苦しみながら大量のマーケティングに関するビジネス書の英日翻訳をしました。翻訳といっても名前が出るわけではなく、出版社が最終的に編集・校閲するものなので、「下訳」みたいなものかな。

そして今、同じ著者(というか一種のプロジェクトチーム?)による、マーケティングに成功するためのハウツーみたいな本の翻訳校正を請け負っています。
去年のは、マーケティングに関する数日間にわたるセミナーを録音したものを音声起こしした原稿があり、それを訳すというものだったのですが、ものすごく大量で、しかも音声起こしが決して正確ではなく、時にはまるで逆のことを書いてあったり、音声がクリアでないところはそのまま抜かしてあったりするので、音声データも聞いて確かめながら訳さねばならず、非常に苦しい仕事でした。結局何度も納期の延長をお願いしたりして、翻訳会社にはずいぶんご迷惑をかけてしまったものです。正直、「この会社にはもう干されただろうな…次は無いな」と思っていました。

それがまた昨年末に同じ会社から仕事の打診が来たもので、嬉しく思っていたのですが…最初は翻訳の打診だったのに、結局「翻訳でなくて校正をしてほしい」と。「二人の翻訳者に同時並行で作業させて、それをまとめるというやりかたをクライアントである出版社が求めている、ついては、昨年同じような案件を翻訳した経験のある人に校正をしてほしい」というのが翻訳会社の担当さんのおっしゃることなのですが、私だって一回経験しただけだし、正直、この原作者の唱える理論に通じているわけでもないし、なにより二人の異なる翻訳者の原稿を並行してチェックして、訳語の統一を計るとかいう作業、やったことがありません。それに校正だとぐっとギャラが低くなるし・・・と少々がっかりもしたのです。

いざ原著を見てみると、決して複雑な言い回しや隠喩などがあるわけではないものの、業界独特の用語や、現地の人でなければわからないようなエピソードが満載で、沢山調べ物をしなければとても訳せない内容(もちろん何の翻訳をするにせよ、調べ物の量が膨大なのは当たり前ではあるけれど・・・)。校正するのも原文を読まなければならないのだからもちろん大変は大変ですが、今回は校正担当で良かった。この仕事に翻訳者として取りかかっていたら、他の翻訳の勉強なんてとても同時にできなさそうです。

1月は、翻訳勉強会の「合宿」があるし、聴講している翻訳講座の今年度最後の授業もあるので、お金にならないことではあるけれど、やっぱり勉強の方を優先したい気持。
今年は大晦日からずっと、毎日何かしら仕事をしています。この調子で、自分の勉強にもなるような仕事が絶えないと良いな…。
[PR]

by oliva16 | 2013-01-05 01:17 | しごと | Trackback | Comments(1)

筑前煮盛りつけ

b0199648_11543443.jpg

緑の葉を足したら、わりといい感じになりました。
圧力鍋だと、肉が柔らかくなるから、レシピに一口大とあっても大きく切った方がいいらしい…ホロホロ崩れた肉で汁が濁ってしまい、野菜にもくっついてしまった。
でも、味はとても美味しかったです。今度からこのレシピでいこう!
[PR]

by oliva16 | 2013-01-02 11:48 | Trackback | Comments(0)

謹賀新年

紅白歌合戦をラジオで聴きながら、筑前煮を作りました〜。
実家に持って行くだけだからと、さやいんげん高いから買わなかったけど…やっぱり緑色も欲しかったかな。見た目が地味すぎ…。にんじん、ごぼう、大根、里芋、れんこん、鶏肉、しいたけ、と一応具だくさんなんだけど。しかも今さら気づいたけど、人参を飾り切りにしようと思ってたのに型抜きしただけで忘れました。008.gif
b0199648_330347.jpg

で、こちらは、伯母のホームのレストランが用意してくれているおせち。
これを三が日に分けて、少しずつ出してくれるそうです。
b0199648_330560.jpg

大晦日の昨日は伯母と昼ごはんを一緒に食べ、「ここにいると誰とも喋らないし、1人で食べてもバカみたいだから、夜はレストランで食べることにした。朝と昼は自分でする(=作る)けど」という、既に20回は聞いた話を、また聞いてきました。
マンションで在宅の仕事している私は、いつもバカみたいに1人きりで食べてますよ〜、誰とも喋らない日もしょっちゅうあるもんね、だからつい、宅配便の人とかに愛想よくしちゃいま〜す(⌒-⌒; )
[PR]

by oliva16 | 2013-01-01 03:10 | Trackback | Comments(0)