映像下訳

The "Reichsorchester"というタイトルのドキュメンタリー映画の下訳。

第二次大戦時にベルリン・フィルがヒトラー政権のプロパガンダに利用されたという内容で、当時の映像やそのころ楽団員だった人へのインタビューで構成されている。

ベルリン・フィル関係の仕事、と聞いて喜んで引き受けたのだが、内容が重い。参考にする為に沢山借りて来た文献も、パラパラめくっているだけで気が滅入る。そして「過去のこと」と思えない、現在の日本の状況を振り返る。

映像でも「第九」統制のとれた歌いっぷりとか、ちょっと怖い。

どんなに素晴らしい人間だとしても、ある人が独裁する国家なんてあり得ない。人間はせいぜい長生きしても100年の命なのに、そんな存在に心酔するなんて。

いやだいやだ。人間って本当に愚かなんだな、と思う。
b0199648_021322.jpg

[PR]

by oliva16 | 2015-04-15 00:21 | しごと | Trackback | Comments(1)

イタロ・カルヴィーノ 『木のぼり男爵』 米川良夫訳

4月からのイタリア語翻訳講座の課題図書。

長編を1冊読み終えてみたい、というそれだけで受講することに決めた。

日本語の本さえもなかなか1冊読めない私なのに、どうしてこういう苦行に挑もうとするのだろう…我ながらよくわからない。時間を忘れて読書にふける、という経験は子どもの頃以来、正直ほとんど無い。でも図書館や本屋さんに行くとなんだかワクワクする。

著者 : Italo Calvino
Mondadori
発売日 : 1990-08-01
" target="_blank">
[PR]

by oliva16 | 2015-04-04 15:11 | ほん | Trackback | Comments(0)

同窓会

先日、久しぶりの同窓会に出席。

みんな笑顔、元気…まあ、元気な人が出席するのだろうけれど。

それにしても、つくづく優秀な人の多い学校であった。在学している時はそれが当たり前になっていたけれど、授業についていけなくても当然だったわ。

先生方の近況報告、歓談の後、校歌を斉唱した。

b0199648_2110631.jpg

[PR]

by oliva16 | 2015-04-02 21:11 | ひと | Trackback | Comments(2)