新しい出会い

昨日は蔦屋書店へ『風と共に去りぬ』の新訳刊行完成記念、久住昌之さんと鴻巣友季子先生のトークを聴きに行った。終わった後の打ち上げにも参加させていただいたのだが、トーク中のお話も、打ち上げで伺ったお話も刺激に満ちていた。

久住さんのブレない姿勢がカッコいい。「面白けりゃいいんだよ」「いびつなところがある方が共感を得て、長く残る」(正確にはこういう言い方ではなかったが)。
「『風と共に去りぬ』の原作者ミッチェルが登場人物全員を愛していて、楽しんで書いているのがわかる、そして訳者も楽しんで訳しているのがわかる」というのには共感した。ミッチェルはしかし冷徹な目で、どの人物とも距離を置いて書いている、とも。その態度が『源氏物語』を書いた紫式部にも通ずるものがある、という洞察だった。

素晴らしいお話を伺いながら、自分の中にもっと読書したり遊んだりという経験が蓄積されていたら、今日のお話をもっと深く理解し納得できるんだろうな…と、読書経験の少ない自分にいつものごとくガッカリ。でもめげずに、ROGANにも負けずに後半生、読書に限らず色々なことに貪欲になろう、と思ったことだった。打ち上げではより一層濃い話を伺うことができて、「口ポカン」で聞いているだけの自分だったが幸せだった。混ぜていただいて、本当にどうもありがとうございました(感涙)。

以下は、昨日の感想とは無関係に最近よく思うこと。
翻訳の勉強を始めてから、以前よりもコンサートや舞台、美術展を楽しめるようになった気がする。「誰の視点で語っているのか」「作者の意図がどこにあるのか」「誰と誰の声が重なっているのか」などを気にしながら物語を読み、訳すということは、クラシック音楽を現代の舞台でどう演奏するのか、まだ演奏をどう受け止めるかということにも通じる。また絵を見ていても、描いている画家の視線について考えたり、人物画であれば描かれた人物の視線が見つめているものについて考えたり、といった見方をすると面白い。こんなことをいうとまた『真面目過ぎ」「お勉強ぽい」、とか言う人がいるかもしれないが、より細かいことに気づけるようになると、感じる度合いも変わってきて楽しい。
大げさかもしれないが、前よりも人生が楽しい…現実には老親のこととか仕事のこととか、色々あるにはあるけれども。
[PR]

by oliva16 | 2015-07-25 11:27 | ひと | Trackback | Comments(2)

自分の肩書きについて

これまで自分の口からもメールでも、私はひと言もウソはついてない。しかし「音楽公演関係の翻訳をしている」「独語・伊語が専門」の人、というまとめ方をされると残念ながら違うので冷や汗。「そういうものにわたしはなりたい」としか言えない。

まぁいちいち否定して訂正して回るより、そういうものに少しは近づけるように…努力しよう…
[PR]

by oliva16 | 2015-07-25 09:08 | しごと | Trackback | Comments(0)

目が痛い

ここんとこずっと、思えばもう数ヶ月、目の焦点が合わなくて目が疲れて仕方ない。コンタクトレンズをしていると疲れてしまうので、家ではなるべくメガネで過ごす。でもこのメガネがまた、10年くらい前に作ったものだからイマイチ合ってないような…。

コンタクトレンズは保証期間中に2度も作り直して、そのたびに今度は良さそうと思うのに、やっぱりダメ。それだけ急速に老眼が進行しているということか。

そして辛いのが、ドライアイ。目がシバシバとして、開けていられないというか、目をこらしても字が読めなかったりする。

ああ、こんなことになる前にもっともっと本を読んでおくんだったな・・・。
[PR]

by oliva16 | 2015-07-13 21:37 | けんこう | Trackback | Comments(0)

エッセンシャルオイル

b0199648_22411686.jpg


エッセンシャルオイルのセットを贈っていただきました。
こんな可愛い、ほっこりした気持にさせるカード付きで。

良い香りのするオイルをちょんちょんと頭頂部やこめかみにつけたり、丹田につけたり、足裏に塗ったりすると「大丈夫」っていう気分になる。本当はどのオイルが何に効果があるとか調べたり、自分には何がよかったかをきちんと記録しておくといいのだろうけれど、そういうことができない、ずぼらな私。

これを機に少し、使ったオイルと効果を記録する習慣をつけようかしら・・・ま、無理せずにゆるゆると。
[PR]

by oliva16 | 2015-07-04 22:49 | けんこう | Trackback | Comments(1)

贅沢ランチ

北参道のイタリア料理店で、高校の同級生とランチ。友人の行きつけの店とのことで、連れていってもらう。
初夏の雰囲気たっぷりのガラスの器やユニークな形の皿に少量ずつ、色々な種類の料理が並んで、目でも楽しめた。料理の写真は、だーれも撮ってなかったからなんとなく自粛。
中高時代の友人たちは、私の知る限りはほとんどがFB使っていなくて、私が関わっていたコンクールのことも知らなかった_| ̄|○こまめに情報発信しなくちゃいけないな〜。
ひとりは弁護士、もうひとりは外資系銀行勤め。いや〜んエリートだわん。頭いい彼女らに改憲問題とか教えてほしかったんだけど…親の介護やらボコちゃんの受験やら、たわいない話に終始した。
ひとりが、最近「風と共に去りぬ」を読み返そうと文庫を買った、という。すかさず「新潮?」と確認。よしっ新潮だった。
帰り際、弁護士の友人に「2日続けてデモ行っちゃった…」と言ったら、「え⁈ 嬉しい、頑張って!」と言われた。引かれるかと思ってたけど、励まされたので嬉しい。

b0199648_22362976.jpg

[PR]

by oliva16 | 2015-07-04 22:37 | たべもの | Trackback | Comments(1)