金環(?)日食見ました

今朝は金環日食狙いで7時過ぎに山下公園へ。同じ目的の人がちらほらと集まってきていたが、花火大会の日みたいな混雑にはならず、というか、日ごろの週末の方がよっぽど人がいるんじゃないか、という程度の集まり具合。
小雨もぱらつき、あいにくの曇り空だったが、これがカンカン照りだったらかえってつらいかも…などと、この近所に住む同僚と話しながら、雲の切れるタイミングをうかがっては日食グラスを目に当てる。ほぼ予報通りの時間に、ほんの数秒間、月がちょうど太陽の真ん中あたりにきて「金環日食」になったのを見た、ような気がする??!!…肉眼で。
なにしろ曇り空のため、日食グラスをすると真っ暗で何も見えなくて…肉眼で太陽の位置を確かめてすぐにグラスを目に当てると、真っ暗。グラスを通して見られたのは、月が太陽の真ん前を通り越してから。でも、100年だか何年だか?(なにしろ普段全く興味がないため、記事を読んでも頭に入らない)に一回というものを、ちゃんと外で見たという達成感(笑)。
日ごろからテレビを見ないので、というか、テレビを持っていないので、時の話題から遅れ、そして大きな宇宙とか大自然とかを感じる感性もないため、金環日食が大きな話題になっていることを知ったのがつい2、3週間前。世の中の話題になっていることには少しは目を向けることも必要だと思い、昨日近所の本屋やコンビニで金環日食鑑賞用メガネを探したが、当然売り切れ。で、「グラス買えなかったー」と同僚にメールしたら、「じゃあ山下公園に来て一緒に見る?」と言ってくれたというわけ。
ほんの数分だったけど、朝の公園で、いろんな人たちと同じ空を見て、なんとなく気持ちが豊かになった、ような。うう、でも今日は月曜、仕事始め。がんばろー。
[PR]

by oliva16 | 2012-05-21 08:34